Loading…

紅葉の京都へ 2013'11.27-11.28 #4 嵯峨野エリア

Posted by Lady7Yukiko on 13.2013 京都 2013 December   0 comments   0 trackback

高桐院をあとにして、市バスで二条駅前まで約25分。

そこからJR嵯峨野線に乗り換えて嵯峨嵐山まで約6分。

さらにそこから15分ほど歩いたでしょうか、

清凉寺のすぐ側にある「宝筐院(ほうきょういん)」へやってきました。



13-11-27_hokyo-in04.jpg


宝筐院は平安時代に白河天皇の勅願寺として建てられた寺院。




13-11-27_hokyo-in02.jpg


↑ 境内に入ると、敷石の参道と紅葉がとっても美しい!




13-11-27_hokyo-in05.jpg


それにしても、雨がぽつりぽつり。


しかも、イチデジのバッテリーが切れかかっているので、

ここから先はスマホで撮らなくてはならず(泣)




13-11-27_hokyo-in03.jpg


↑ 慌てて本堂の中へ。

ここに座って眺める紅葉もまた素敵!




13-11-27_hokyo-in01.jpg


↑ 雨が小降りになったところで、本堂の南にある回遊式庭園を散策。

ここからの眺めも素敵でしたよ~



さて、お隣の清涼寺も訪ねなくては。

あと30分ぐらいで閉まってしまうぅぅ(汗)

急ぎましょ!

と、そこに数人の女子グループから

「写真を撮っていただけないでしょうか?」

と声をかけられ、

笑顔で数枚お撮りさしあげて、お隣の清涼寺へ。



col63.gif



清涼寺は嵯峨釈迦堂(さがしゃかどう)の名で親しまれているお寺。


光源氏のモデルといわれる嵯峨天皇の皇子、

源融(みなもとのとおる)の山荘「棲霞観」があったところが、

のちにお寺となったとか。




13-11-27_seiryoji01.jpg


↑ 清涼寺の仁王門をくぐると、




13-11-27_seiryoji02.jpg


↑ 伸びやかに広がる境内と正面に京都府指定文化財の本堂。


本堂の裏へ回ると放生池と弁天堂があり、

小堀遠州作と言われる方丈庭園もあるのですが、

降り出した雨に、

今日の散歩はこれにて終わるしかなさそうで(泣)




13-11-27_seiryoji03.jpg


↑ 戻り際、ふらり~と吸い寄せられたのが、

境内にある大文字屋のあぶり餅(笑)


食べたい!

のは山々なのですが、

傘を持っていないので、

食べている間に本降りになって、

濡れて風邪でもひいたら大変です。


早くホテルに戻って、身体を温めまっしょ♪



col63.gif


さて、京都一日目の旅程はこれにて終り。

二日目はまた後日にUPしますね§^。^§


ありがとう♡

col63.gif


Yukinon201311.jpg

ほっこり~なゆきのん§^。^§


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://larasoleil1.blog.fc2.com/tb.php/426-ebe5fb5d

プロフィール

Lady7Yukiko

Author:Lady7Yukiko
いつもの部屋もお散歩も、そして一人旅のときも、カメラが新しい出会いと感動を与えてくれるから不思議。

写真を撮らせていただいてよろしいですか?
楽しい、幸せな時(瞬間)を写真に撮って残しておきたくて…
この手紙の中に写真を何枚か同封しました(^^)

ゆきのん別館

■Norwegian Forest Cat's Fugue
一緒に生活しているニャンコたちのブログです
■*ゆきのん草子*
英語で綴っている3行日記です

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新トラックバック

QRコード

QR