Loading…

スポンサーサイト

Posted by Lady7Yukiko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都一人旅 #4

Posted by Lady7Yukiko on 17.2005 プチ旅(国内)   0 comments   0 trackback
【仁和寺】

20050614-15-Kyoto-(16).jpg

↑仁和寺の二王門

金閣寺から市バスに乗車して「御室仁和寺」で下車すると、
重厚な「二王門」がすぐ目の前!
その大きさに身体がそりかえりそうでした^^;


20050614-15-Kyoto-(1).jpg

↑仁和寺の五重塔

二王門をくぐって参道をまっすぐ進み、
朱色の中門を超えると、右に「五重塔」がありました。


各層の屋根の大きさがほぼ同じというのは、江戸期の特徴だそうです。
この中をのぼってみたいなぁ、と思いつつこのまわりをぐるりと一周。


一番奥にある国宝「金堂」を見たあと、
参道をもどるかたちで歩いていくと、
右手に「本坊表門」という入り口があったので中に入ってみました。


20050614-15-Kyoto-(2).jpg

↑白書院の南庭

「白書院」と呼ばれている建物の前には、
白川砂を敷き詰め簡素な美を表した「南庭」が広がっていました。
白で統一された、静寂の世界。


20050614-15-Kyoto-(3).jpg

↑白書院の北庭

「白書院」から「宸殿」に進むと、
その向こうには「南庭」とは対照的に、
池を配した晴れやかな「北庭」が広がっていました。
北庭は緑あふれる、動的な世界。


そして「白書院」の裏には「黒書院」があったとか。
ん?知らずに見ていたあそこ?
写真に撮ってくればよかったなぁ(^^ゞ


20050614-15-Kyoto-(4).jpg

さあ、そろそろお腹も空いてきたところ。
仁和寺を出ると目の前に、
お待ちしておりました、とばかりに可愛らしい「いっぷく茶屋」がある。
迷わず店内へ!

「おうすセット」を注文して、
それでもまだお腹が空いていたので「桜だんご」を追加注文。

そこでお店の旦那様に南禅寺への行き方を伺っているうちに、音楽の話題で花が咲き...
なんと、お店の奥で時々ライブをするそうな。
今は思うところがあってライブはお休みしているとのこと。
しかもこの旦那様、ギターをお弾きになるとか。
「良かったら今から’美味しい水’というサンバを弾きますよ♪」
とおっしゃるではありませんか!

ワタシひとりのために弾いてくれるギターの音色...
涙があふれそうになりました。
ありがとう!本当にありがとう!
今度また京都を訪ねたときには、寄りますね!
その時は、ぜひライブを!


**********

私の初めての京都一人旅ブログはここで終わります。
つたない文章と写真ですが、
ブログを読みながら一緒に京都を楽しんでいただけたら嬉しいです。

§^。^§


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://larasoleil1.blog.fc2.com/tb.php/264-66b38338

プロフィール

Lady7Yukiko

Author:Lady7Yukiko
いつもの部屋もお散歩も、そして一人旅のときも、カメラが新しい出会いと感動を与えてくれるから不思議。

写真を撮らせていただいてよろしいですか?
楽しい、幸せな時(瞬間)を写真に撮って残しておきたくて…
この手紙の中に写真を何枚か同封しました(^^)

ゆきのん別館

■Norwegian Forest Cat's Fugue
一緒に生活しているニャンコたちのブログです
■*ゆきのん草子*
英語で綴っている3行日記です

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。