Loading…

スポンサーサイト

Posted by Lady7Yukiko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日光 日帰り旅行 #1

Posted by Lady7Yukiko on 30.2009 プチ旅(国内)   0 comments   0 trackback
先週末、お友達のNさんと日帰りで’日光’へ出かけてきました。
日光はかれこれ5年ぶり 電車とバスを乗り継いで行くのはお初!
ドキドキするけれど それも旅の楽しみ♪


バス停「神橋」で下車してすぐ 朱塗りの’神橋’がお出迎え
渡ってみたい気持ちはあれど お金を払ってまでは...写真だけ撮っておこう^^;
紅葉にはまだ早く これからですね~



世界文化遺産に登録された日光山内への入口
気持ちを引き締めまっしょ



日光は何度も訪ねているものの
日光の開祖’上道上人(しょうどうしょうにん)’の像を拝見するのは これまたお初!
初めまして~♪



表参道に出ると 人・人・人!
平日なんですけどねぇ...そういう私も平日に訪れている人ですが^^;



日本三大鳥居のひとつ ’石鳥居(いしどりい)’ をくぐれば
さらに気持ちがぎゅぅぅぅと引き締まるぅぅぅ



何度訪ねても必ず見ずにはいられない 神厩舎(しんきゅうしゃ)の’三猿(さんざる)’

 神厩舎はご神馬をつなぐ厩(うまや)
 昔から猿が馬を守るとされているところからきているのですって
 長押上には猿の彫刻が8面あって 人間の一生が風刺されていました

その中でもこの三猿の 「見ざる・言わざる・聞かざる」 の彫刻が有名なのよね



でね 真っ白なご神馬殿がいたのだ!
カメラを構えた私を ちらりと見つめる瞳がかわいい♪
そうして無我夢中で撮り終えた私が振り向くと
いつの間にか大勢の人だかり 恥ずかしやぁ~



さぁ 陽明門が見えてきましたよ



豪華絢爛の彫刻で飾られた’陽明門’
よくぞ まぁ こここまで!
しゃて 拝殿へ行ったあと 奥社へと向かう



奥社入口を守るは ’眠り猫’

 前足をしっかりと踏ん張っている事から
 家康を護るために寝ていると見せ掛け
 いつでも飛びかかれる姿勢をしているともいわれているとか
 もう一つの教えは
 眠り猫の裏には雀が舞っている彫刻 ↓ があって
 「猫も寝るほどの平和」を表しているとも



確かに裏でスズメが舞っていました
君たち お気をつけてね!
裏で眠り猫が君たちをねらっていまっせ~
まぁ 今までこうして元気で舞っているんだから
大丈夫でしょうけど^^;



奥社御宝塔へ続く階段の途中
御本社(ごほんしゃ)の屋根屋根が眺められる場所が!
なんとも素敵な風景です

とはいえ 200段もある急な階段!
さらに ぜぇぜぇ上っていくと
途中にこんな看板が ↓

(`o´ヾ アイアイサー!!


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://larasoleil1.blog.fc2.com/tb.php/126-98a67288

プロフィール

Lady7Yukiko

Author:Lady7Yukiko
いつもの部屋もお散歩も、そして一人旅のときも、カメラが新しい出会いと感動を与えてくれるから不思議。

写真を撮らせていただいてよろしいですか?
楽しい、幸せな時(瞬間)を写真に撮って残しておきたくて…
この手紙の中に写真を何枚か同封しました(^^)

ゆきのん別館

■Norwegian Forest Cat's Fugue
一緒に生活しているニャンコたちのブログです
■*ゆきのん草子*
英語で綴っている3行日記です

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。