Loading…

桃に追われる?

Posted by Lady7Yukiko on 30.2004 かんたんお料理   0 comments   0 trackback
いただいたたくさんの桃。
賞味期限がくる前にを食べなくっちゃ^^;

20040730-peach03.jpg


熟した桃をカットして、
はちみつを混ぜたフロマージュフレとマンゴピーチソースをかけていただくこの頃。
太りそう...

**********

20040730-sauce.jpg


今回購入したマンゴピーチソースは、トロピカルなデザートソース。
クレープに、アイスクリームに、ヨーグルトに...といろいろ楽しめます。

やっぱり太りそう...

桃の白ワインシロップ漬けフロマージュブラン添え

Posted by Lady7Yukiko on 26.2004 かんたんお料理   0 comments   0 trackback
先日、お友だちからいただいた桃で、
「桃の白ワインシロップ漬けフロマージュブラン添え」
を作ってみました♪

20040726-peach02.jpg


レシピのサイトが今では削除されているみたいなので、
ここに書き記しておきますね。


<材 料>
桃・・・1個
ミントの葉・・・30枚ぐらい
レモン汁・・・1/4個分
白ワイン・・・100cc
水・・・100cc
はちみつ・・・大2(白ワインシロップ用)
リキュール ピーチツリー・・・大1
フロマージュブラン・・・50g
はちみつ・・・大1(フロマージュブラン用)
ミントの葉・・・飾り用

<作り方>
1.桃の湯むき
お鍋に湯を沸騰させます。
皮に浅く切り込みを入れた桃をそーっと入れて、弱火で5分煮ます。
深めのボールに流水を流しながら、その中で丁寧に皮をむいて、水気をふきとります。
密閉できる容器に桃とミントの葉とレモン汁を入れておきます。

2.白ワインシロップ
小さな深めの鍋に白ワイン、水、はちみつを入れ、
はちみつが固まらないようかき混ぜながら沸騰させます。
熱いうちに1の容器に桃がかくれる程度までそそぎ入れます。

3.さらに2にリキュールピーチツリーを加え密閉し、冷蔵庫でよーく冷やします。

4.フロマージュブラン
フロマージュブランにはちみつを入れて、かき混ぜておきます

5.よく冷えた桃を丁寧に取り出しお皿へ。
フロマージュブランを添え、ミントを飾り付けてできあがり。


お洒落なデザートなる!
ナイフとフォークで頂くシアワセ~(^^)

**********

20040729-fromage.jpg

雪印から発売されている「フレッシュチーズスノウブラン フロマージュブラン」(100g¥200)
は売り切れていたので、
今回は200g¥350(半額)で売られていたこちらのフロマージュ・フレを購入しました。
牛乳を固めただけのチーズで、脱脂乳から作られたものだったので乳脂肪分はありません。
ほとんどヨーグルトと似たような味で~す。

たくさんの桃をいただきました!

Posted by Lady7Yukiko on 25.2004 いただきもの   0 comments   0 trackback
お友だちからたくさんの「桃」をいただきましたヽ(^o^)丿

20040725-peach01.jpg

桃のいい香り~♪

数個はお友だちにおすそ分けして
残りをどうやっていただこうかな?

大賀蓮(オオガハス)

Posted by Lady7Yukiko on 24.2004 お散歩写真   0 comments   0 trackback
My Hus が花開いている大賀蓮(オオガハス)を撮ってきてくれました♪

20040724-大賀蓮


優雅で大きくて美しい大賀蓮の花!

- 大賀蓮 ひとくちメモ -
1951年に大賀一郎博士が千葉市花見川区検見川の青い色をした泥層から、
二千年以前のハスの実を発掘し、発芽育成に成功。
この博士の偉業をたたえ、「大賀蓮」の名前がつけられ、
1954年には「検見川の大賀蓮」として、
千葉県の天然記念物に指定され、
その後、千葉市の公園に分根し、栽培されている。


遥か大昔のハスが大賀博士によって、
二千年以上の眠りから目覚めて美しい花を咲かせているなんて素敵!
ロ~マンチック~♪

イスラエル #1

Posted by Lady7Yukiko on 22.2004 Italiana & Israel 1998   0 comments   0 trackback
エルサレム -岩のドーム-

イスラエルのエルサレムの旧市街は
約4キロにわたる城壁(青い線で囲まれた部分)に囲まれているのですって。

城壁は、16世紀にオスマン・トルコのスレイマン大帝が築いたと言われていて、
東西南北に合計8つの門(城壁上に点々とあるピンクの■の部分)があるのだとか。

a0022580_021313.jpg

そして私たちはエルサレム旧市街中央へ。
エルサレムの神殿跡に立つ「岩のドーム」↓
黄金の輝きがまぶしくって、真っ青な空に映えていました。
またブルーの彩色がとても美しく印象的!

a0022580_1842592.jpg

それとね、このモスクの基底部が正八角形なので、
モスク自体も正八角形なんですよね。
何か意味があるのかしら?

さて、建物の中へは”はだし”になって入るのしきたりらしく、
靴下をぬいではだしで入ってきました。

”郷に入れば郷に従え”ですものね。

ここは大昔、
アブラハムの息子イサクを神への犠牲にささげようとした場所でもあり、
またマホメットが昇天した岩だとも言われています。

重要な歴史がここには刻まれているのねぇ。
  

プロフィール

Lady7Yukiko

Author:Lady7Yukiko
いつもの部屋もお散歩も、そして一人旅のときも、カメラが新しい出会いと感動を与えてくれるから不思議。

写真を撮らせていただいてよろしいですか?
楽しい、幸せな時(瞬間)を写真に撮って残しておきたくて…
この手紙の中に写真を何枚か同封しました(^^)

ゆきのん別館

■Norwegian Forest Cat's Fugue
一緒に生活しているニャンコたちのブログです
■*ゆきのん草子*
英語で綴っている3行日記です

カレンダー

06 | 2004/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新トラックバック

QRコード

QR